サイトトップ  >  ニュース  >  SFT NEWS  >  サインフォーラム東京 新年会、「トンテキ元気」で開催!
アーカイブ | RSS |
SFT NEWS
SFT NEWS : サインフォーラム東京 新年会、「トンテキ元気」で開催!
投稿者 : hide 投稿日時: 2013-03-09 14:15:38 (1658 ヒット)

〈寄稿〉宍戸鉄司氏 ?オートレント
先日 一月二十六日(土)に、サインフォーラム東京 平成24年度新年会が 浅草の『トンテキ元気』で開催されました。
今年始まって初のサインフォーラムの行事とあってか、三十名弱の参加となり盛大なものとなりました。
まず、戸島健雅代表の『今年もがんばりましょう』といった開会挨拶に続き、?シミズ工芸 清水弘道氏の乾杯の音頭で新年会がスタートしました。清水氏の乾杯の挨拶の中で、城西支部で二月に開催予定の『フェイスブックの勉強会』に皆さんもぜひどうぞとの案内がありました。
フェイスブック等、SNS(ソーシャル ネットワーク サービスといったサービスは、今となっては世界中の人々が利用しており、人と人とを繋ぐというサービスを我々看板業界に取り入れていく ということも、今後の生き残り作戦のひとつの手段となり得るのではないでしょうか。
今では当たり前となっているホームページの活用と併せて利用するのも面白いのでは・・・。
さて、新年会は次第に盛り上がりをみせて、会場のあちらこちらで、参加者それぞれがお互いに情報交換をする姿がみられました。それを見て、今年は業界が活性化するような予感がしました。
また、一條菊義氏(?広彩社)により中央会のチャリティー募金で『アイメイト協会』というアイメイト(盲導犬)の育成等を行っている協会に対する募金が行われました。
お店のおいしい料理を食べ、楽しいお酒を頂き、皆で情報交換をして、時間はあっという間に過ぎていきました。
(有)パール工芸 持丸勝氏から、『サインフォーラムの行事に皆さん積極的に参加しましょう』
との閉会の挨拶があり、新年会は終了しました。
今回の新年会に参加したメンバーからは、皆 表情も明るく活気があり、『景気が悪い』言われるこのご時勢の中皆で活路を見出しで、業界発展の為に頑張っていこう といったオーラがひしひしと伝わってきました。
私自身の感想ですが、今年の年末にも、皆同じように笑顔でいられるように私自身も頑張ろう と改めて心に誓った会になりました。

 


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
ニュース:  サブメニュー
サイトコンテンツ